海洋深層水で更年期の悩みを解消

 

2019年10月12日、体の内側から美しくなるための栄養知識をイラストなどでわかりやすく解説している新刊『一生モノの美肌になる! 最高の食べ方図鑑』が宝島社から発売された。A5判で価格は1,400円(税別)である。

著者は株式会社シクロケム代表取締役社長で、神戸大学大学院医学研究科客員教授、神戸女子大学健康福祉学部客員教授、有機合成化学が専門の工学博士である寺尾啓二氏である。

「深層水ってすごい」としては、小見出しに「海洋深層水で更年期の悩みを解決」とあったので、これは見逃せないと、早速、購入し、その内容をチェックさせて頂いた。

海洋深層水以外の項目もとても興味深く、是非、購入してご購読をお勧めしたい。

海洋深層水の内容の骨子は以下である。

『最高の食べ方図鑑』 2019年10月26日発行 株式会社宝島 ¥1.400(税別)

■起床時にコップ一杯の海洋深層水で細胞活性化!

海洋深層水はミネラルが豊富に含まれている

カリウム、マグネシウムなどのミネラル、窒素、リン、ケイ酸といった無機栄養塩が豊富に含まれていて、海洋深層水には、真皮の線維芽細胞を活性化します。

■マグネシウムとカリウムのバランスが血流を改善

海洋深層水に含まれるミネラルには、血流を改善して、血液をサラサラにする効果があり、血流が改善すると、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防につながります。海洋深層水に含まれるマグネシウムとカリウムのバランスは3:1で、このバランスは人の体液に近く、血流改善に最適であるといわれています。

睡眠中には汗をかいているため、血液はドロドロです。起床時にコップ一杯の海洋深層水を飲んで、血流を改善し、細胞を活性化しましょう。

■マグネシウムの働き

マグネシウムには生命維持に必要なさまざまな代謝に作用しているミネラルで、体の中で合成することができないため、食品から摂取する必要があり、摂取したマグネシウムは主に小腸で吸収され、腎臓で排出されます。約60%がカルシウムやリンとともに骨や歯を作り、残りは筋肉や脳、神経に存在しています。酵素の活性化、筋肉の収縮や神経伝達、体温や血圧の調整に作用しています。

■海洋深層水を飲むとエクオールが増える

ポリフェノールの一種であるエクオールは、抗酸化作用や抗炎症作用を持つ女性ホルモンのエストロゲンと似た物質で、特に、エストロゲンが減少する更年期の女性の悩みをサポートする物質です。大豆製品に多く含まれるイソフラボンのダイゼインという成分が腸内細胞によって代謝され、エクオールが作られます。エクオールには、更年期障害の改善、骨粗しょう症や皮膚老化の予防、メタボリックシンドロームび改善などの効果があります。海洋深層水を飲み続けると、エクオールが増えることが明らかになっています。

この上記の項目が、表紙の帯の小見出しとなっていたのである。

実は、この「海洋深層水とエクオール」については、2017年6月21日の「深層水ってすごい」の記事で既にお知らせしている通りである。

もう一度、詳しくお知らせすると・・・

・期間 2014年から3年間

・実施 高知大学医学部 臨床試験

    室戸海洋深層水硬度1.000毎日1ℓ飲用3か月間49名

    普通のミネラルウォーター毎日1ℓ飲用3か月間46名

・タイトル 厚生労働省「戦略産業雇用創造プロジェクト」

・結果
海洋深層水の長期飲用で抗炎症作用あるイソフラボンの一種「エクオール」もミネラルウォーターを摂取したグループより海洋深層水を摂取したグループの方が1.6倍増えていた。

■海洋深層水を一日500ml飲んで、マグネシウムを補給

マグネシウムの推奨摂取量は、一日当たり300mg前後(年齢、性別などにより異なる)といわれていますが、実際には不足している人が多いので、不足しがちなミネラルを海洋深層水で補いましょう。食事と一緒に500mlに海洋深層水を飲むと、簡単に一日のマグネシウム不足量を補えます。

こういう形で、書籍やメディアに取り上げられれば、「海洋深層水」はもっと盛り上がっていくことだろう。

参照 『最高の食べ方図鑑』 株式会社宝島
    http://www.cyclochem.com/  株式会社シクロケムのHP

PAGE TOP