「いきなりステーキ」が、「いきなりオイスター」に! 富山湾海洋深層水使用の牡蠣を使用

 

いきなりオイスター! いきなり!ステーキが生牡蠣と焼き牡蠣を3店舗限定で取扱い開始! 牡蠣は富山湾の海洋深層水を汲み上げ、洗浄・浄化したものだ。

ペッパーフードサービスが運営するステーキ専門の飲食店チェーン「いきなり!ステーキ」が、2019年5月16日(木)に「銀座6丁目店」の看板を「STEAK+OYSTER いきなり!ステーキ」(屋号は変更なし)に変更して、富山湾の海洋深層水を汲み上げ、洗浄・浄化した「牡蠣」を新たなメニューとして販売とのことで、早速、行ってきた。

写真の左端に「いきなりオイスター」の看板がある。

販売される牡蠣は、富山湾の海洋深層水を汲み上げ、洗浄・浄化。一般的には表層水を紫外線殺菌し、海水を循環させているが、海洋深層水をかけ流して洗浄・浄化を行なうことで、安全で活きの良い牡蠣が食べられとしている。
また、365日、旬な産地の牡蠣で新鮮とのこと。

5月22日の牡蠣は「兵庫県室津産」の牡蠣である。
生牡蠣と焼き牡蠣を注文した。

写真 生牡蠣 焼き牡蠣のメニュー

海洋深層水は、1年を通して低温で安定し、深層なので大気汚染を受けにくく、化学物質、汚染菌数が少ない。
また、窒素、リン、ケイ酸など無機栄養素が多く含まれ、各種のミネラルバランスが良く不純物が少ない。
また、高気圧で長い年月をかけて形成されているので熟成され、水質が安定しているとのこと。

生牡蠣

焼き牡蠣

正直、あまり期待はしていなかったが、とにかく、ぷりぷりの食感に驚いた。

クリーミーというか濃厚な味にびっくりした。

ただし、1個500円なので、クオリティーは期待してしまうが、その価格に見合う味と大きさ、ボリュームであった。

まさに、海洋深層水のパワーは驚嘆である。

2019/05/22 いきなりステーキ「銀座6丁目店」取材

PAGE TOP