HOME » 本当にいいの? » 血圧降下! » 高ミネラル飲料の長期摂取が運動時の中高年の運動負荷時高血圧者に及ぼす影響について

本当にいいの?

チェック

血圧降下!高ミネラル飲料の長期摂取が運動時の中高年の運動負荷時高血圧者に及ぼす影響について

 海洋深層水から調整した高ミネラル飲料「室戸海洋深層水100%飲料(硬度1000)」の摂取が、中高年の運動負荷時高血圧者の血流時間を短縮させる働きがあることを赤穂化成株式会社が確認し、その研究結果は第25回日本健康増進学会で発表されました。
 研究では、中高年の運動負荷時高血圧者を対象に運動時の血流、血圧及び脈波伝播速度を測定。1日あたり500ミリリットルの「室戸海洋深層水100%飲料(硬度1000)」を3ヶ月間飲用し、飲用前後の数値が比較されています。
 その結果、飲用後は飲用前に比べて血清マグネシウム濃度が上昇している被験者が多く、血流時間の短縮が見られました。今回の研究で用いた「室戸海洋深層水100%飲料(硬度1000)」の特徴はマグネシウム含有量の多さにあり、これを継続的に飲用することは運動時に起こる高血圧の予防につながると考えられます。
 近年、中高年層において生活習慣病の予防や改善のため運動を取り入れる人が増加していますが、運動時の血圧上昇に起因する心臓突然死などが懸念されています。その予防策として、ミネラルの摂取が注目され、血液の流れや動脈硬化との関連性についても研究が進んでいます。

■研究員

 松葉 真、野村国彦、河村剛史(兵庫県立健康センター)
 太井秀行、中川光司(赤穂化成株式会社)

■研究内容

 テーマ  高ミネラル飲料の長期摂取が中高年の運動負荷時高血圧者に及ぼす影響について
 研究期間 2000年~2003年
 被験者  男性:2名、年齢45歳以上
女性:3名、年齢55歳以上(計5名)
ともに運動負荷試験にて最大運動負荷時収縮期血圧が200mmHgを超えた運動負荷時高血圧者
 被験飲料 「室戸海洋深層水100%飲料(硬度1000)」
  含有成分:マグネシウム(200㎎/㍑)、カルシウム(71㎎/㍑)
    ナトリウム(74mg/㍑)、カリウム(69㎎/㍑)

方法 初回検査時に身体計測、血液一般・生化学検査及びMC-FANによる血流時間※1の測定、脈波伝播速度、運動負荷試験(血圧、脈拍等)を実施した。3ヶ月間の高ミネラル飲料「室戸海洋深層水100%飲料(硬度1000)」を毎日500ml継続して飲用後、再度初回と同じ検査を実施した。
※1:血流時間......血液0.1mlが所定の流路幅を通過するのに要する時間(秒)。

■ 研究結果

(以下は、飲用前と継続飲用3ヶ月後の比較)
・血流時間は、男性で68秒から54秒に、女性で178秒から44秒に短縮し、5例中4例で改善が見られた。
・血清マグネシウム濃度は、5例中4例で0.1~0.4mg増加した。
・ 運動負荷時の収縮期血圧は減少する傾向にあった。

40_R_R.jpg

 

 

□資料提供:赤穂化成株式会社
・発表日:2003年12月24日
・発表会名:第25回 日本健康増進学会にて発表
・発表者:赤穂化成株式会社

MENU