HOME » ミネラルのちから » ミネラルの働き

ミネラルのちから

チェック

ミネラルのちからミネラルの働き

 私たちの身体の中では、栄養素からエネルギーを作り出したり、外から侵入してきた細菌類と戦ったり、休むことなくさまざまな生命活動が行われています。これらの活動がスムーズにいくための調整役となっているのがミネラルです。

 その働きは種類によって異なります。例えばカルシウムは、骨をつくるだけでなく、筋肉の収縮や神経の刺激伝達にも必要で、気持ちを落ち着かせる効果があることも知られています。鉄はヘモグロビンを構成し、身体のすみずみに新鮮な酸素を運ぶために欠かせない役割があり、不足すると貧血になります。

 微量とはいえ、ミネラルの働きは生命活動の要。ミネラルによって身体の各器官のバランスが保たれ、健康な身体を作り上げていると言えるでしょう。ですから、ミネラルが不足してくると、各器官の働きが乱れ、精神的、生理的にもさまざまな障害が現れます。

 また、ミネラルは単体だけでなく、お互いが複雑に作用しあう相互作用という特徴があるため、摂取にはバランスが大切です。特定のものを過剰に摂取したり、とらなかったりすると、免疫力の低下をはじめ身体のさまざまな機能の変化をもたらし、病気を誘発することになります。

MENU