HOME » 深層水関連情報 » 「マグネシウム多い食品が心筋梗塞のリスク低下」させることが国立がんセンターの研究で発表されました。

深層水関連情報

チェック

深層水関連情報「マグネシウム多い食品が心筋梗塞のリスク低下」させることが国立がんセンターの研究で発表されました。

5a04cb98f93d9f286d5c470e7466a0ca_s.jpg

国立がん研究センターと国立循環器病研究センターは共同で、マグネシウムを多く含む食品をよく食べる人は心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症しにくいことが分かったと発表した。

8万5千人について15年程追跡したところ、マグネシウムの摂取量が多いと発症リスクが3~4割低くなった。マグネシウムが多い魚や果物、野菜、豆類、海藻などをよく採ることが望ましいという。

岩手や茨城、沖縄など8県特定地域に住む45~74歳の住民のうち、循環器疾患やがんにかかったことがない人を対象に調べた。138品目について1日に食べる量を聞いてマグネシウムの摂取量を推計。摂取量によって5つのグループに分け発症率の違いを比べた。

男女ともマグネシウムの摂取量が増える程、虚血性心疾患を発症するリスクが下がった。例えば男性では、最も多いグループは最少のグループよりも34%低かった。

マグネシウムが欠乏すると、血圧上昇や動脈硬化などが起こりやすくなると言われており、日本人は、マグネシウムの摂取不足が取りざたされている。

日本経済新聞 2017年9月8日記事より引用

20170908_01.png調整変数は、年齢、地域、喫煙、飲酒歴、body mass index、糖尿病の既往、高血圧治療および脂質異常症治療の有無、習慣的な運動、魚・野菜・果物の摂取、食事エネルギーで行った。*:P<0.05:食事からのマグネシウム摂取量が一番少ない群(Q1:下位20%の群)と比較
図1・2:国立がん研究センター 2017 食事からのマグネシウム摂取量と虚血性心疾患発症との関連より


日本経済新聞には具体的な数値が書かれていなかったため、マグネシウムの摂取不足を調べてみた。なんと30歳以下の女性では、1日に摂るべき推奨量270mgに対して73mg(27%)も不足していることが分かった。
(推奨量は厚生労働省 
国民健康栄養調査 2015より

マグネシウムは体内で作ることができないので、食品などから摂取しなければならない。しかも食べた量が全て栄養として吸収されるわけではなく、マグネシウムの吸収率は、健康な人で30~40パーセント前後であり、一定時間体内にとどまっていないとしっかりと吸収されないのである。

そのため、アーモンドやこんぶ、大豆、干しエビ、ホウレン草などのマグネシウムが多い食品をできるだけ摂取することが望ましいとされる。しかしながら、これらの食品を常に摂る事は難しいため、結果的に多くの人がマグネシウムの摂取不足になっていると考えれる。

そこでマグネシウムが豊富で手軽に摂れると注目されているのが、海洋深層水だ。
海洋深層水は多くのメーカーから販売されているが、市販の海洋深層水の中でマグネシウムが特に豊富なものは、硬度1000の海洋深層水である。

硬度1000の海洋深層水にはマグネシウムが1リットルあたり200mg含まれている。例えば、30歳以下の女性で不足しているマグネシウム73mgを補うためには、硬度1000の海洋深層水を365ml摂れば良い。つまり、毎日飲む水を海洋深層水の硬度1000に変えることで、1日コップ1~2飲むことで健康的に無理なくマグネシウムが補えるので、非常に手軽と言えるだろう。

MENU